施工で後悔したくない!?フロアコーティングのポイントを初心者にも分かりやすく解説

フロアコーティングを取り扱っている事業者は玉石混交の状態にあり、どの業者に依頼すれば満足できる結果を得られるのかはなかなか回答を見つけるのが難しい状況にあります。
目下フロアコーティングを取り扱っているのは、リフォーム業者やハウスクリーニング事業者が本業の傍らで対応しているか、専門業者が施工しているかの二つに分類することができます。
費用の面ではリフォーム業者などに軍配があがるかもしれませんが、ここはまよわずに専門業者に依頼するのがポイントです。

目次
  1. 施工で後悔したくない!?フロアコーティングのポイントを初心者にも分かりやすく解説
    1. そもそもフロアコーティングとは?施工することで得られるメリットは?
    2. フロアコーティングは新築の家のときに施工することでより効果を期待できる
    3. ほとんどのフローリングでフロアコーティングは可能?できないフローリングはある?
    4. 柔らかい材料でできているフローリングはフロアコーティングができないこともある
    5. フロアコーティングは部分的な補修もできる?
    6. 樹脂タイプのフロアコーティングの耐久保護年数
    7. 無機質ガラスのフロアコーティングは20年の耐久保護年数がある
    8. 高硬度シリコンはフロアコーティングの中でも最強の耐久保護年数
    9. フロアコーティングはワックスの艶出し機能に加えて保護機能が備わったもの
    10. 水性ウレタンのフロアコーティングはワックスとコーティングの中間的な存在
    11. フロアコーティングの種類により施工に必要な時間も変わる
    12. フロアコーティングを施すと水拭き掃除が可能になる
    13. キッチンやトイレなど水回りにも利用できるフロアコーティングもある
    14. フロアコーティングの施工費用は業者により様々
    15. 入居前に知っておきたいフロアコーティングの基礎知識
    16. リフォーム時に知っておきたいフロアコーティングのメリットと選び方
    17. 子どもと快適な暮らしを支えるフロアコーティングの知識
    18. フロアコーティングの基準に関するお役立ち情報
    19. 新築の家を美しく守るフロアコーティングの基礎知識

そもそもフロアコーティングとは?施工することで得られるメリットは?

日本でもフローリングの家が増えていますが、フローリングは傷や汚れがつきにくい傾向があります。
毎日の手入れが大変と考えている人もいるのではないでしょうか。
フローリングのお手入れを楽にし、きれいな状態を保つなら、フロアコーティングがおすすめです。
これは床に被膜を作り保護するものです。
ワックスも被膜を作り、床を保護するという意味では同じですが、水や洗剤に弱く耐用年数も短いので短期間で塗り直す必要もあります。
その点、フロアコーティングは15年・20年など長期に維持できるのがメリットです。
フロアコーティングを施しておくと、長期に艶のあるきれいな床を保つことができます。
水拭きもできるので、掃除も簡単にできるようになりますし、ワックスがけの手間もなくなります。
ペットの爪や家具の移動などで発生する床の傷を防ぐこともできますし、滑り止め効果もあるのでペットやお子さんの怪我を防ぐ効果も期待できます。
選ぶ塗料により光沢や硬さにも違いがあり、耐久性も変わってきます。
フロアコーティングをするときは、それぞれの違いを良く理解し最適なものを選びましょう。

フロアコーティングは新築の家のときに施工することでより効果を期待できる

フロアコーティングを新築のタイミングで施工を行うと、傷からの保護や汚れの落ちやすさといった効果がより期待できるのではないでしょうか。
傷がついてしまった後でも、補修してからフロアコーティングをすれば綺麗になりますが、やはり新築のタイミングと比べるとそちらに譲ります。
またへこみ傷などは補修を行っても目立ちますし、綺麗に直しても新品同様とはいかないです。
車もそうですが、フロアコーティングは新しいときに施工してこそ、綺麗な状態が保てることになります。
フロアコーティングで大切なのは最初に施工するタイミングと、定期的に塗り直して状態を維持することです。
確かに手間とコストは掛かりますが、いつまでも足元が綺麗なままというのは魅力的で気持ちが良いものです。
もし施工のタイミングが後ろにズレたり、定期的な塗り替えをしない場合は、傷がついたり汚く見えるようになる恐れがあります。
床材を張り替えなければ元に戻りませんから、張り替えの手間とコストを避ける意味でも、コーティングは早めに済ませるのが正解ではないでしょうか。

ほとんどのフローリングでフロアコーティングは可能?できないフローリングはある?

フロアコーティングは、長期間にわたってフローリングを綺麗な状態に保てるというメリットがあります。
滑り止め効果も期待できるため、小さなお子さんや高齢者の転倒防止やペットの足腰にかかる負担軽減にも有効ですが、フロアコーティングが施工できないケースもあるので注意が必要です。
例えば、無垢材を使った床の場合、樹種によっては業者から施工が難しいと言われる可能性があります。
また、新築物件であれば心配ありませんが、傷みが激しいフローリングも断られることがあります。
フロアコーティングは一度施工してしまうと簡単には剥がせないため、傷があると後から補修することが難しくなります。
ただし、コーティング前に補修によって目立たなくなる程度の傷であれば問題ありません。
その他にも、ワックスが何重にも塗布されているケースなども施工を断られることがあります。
フロアコーティングは基本的にどのような床にも施工できますが、上記のように施工できないケースもあるので注意が必要です。

柔らかい材料でできているフローリングはフロアコーティングができないこともある

じゅうたんやカーペットのような生地にコーティングを施すのが難しいように、フローリングでも柔らかい材料でできているフローリングはフロアコーティングができないこともあるので要注意です。
フロアコーティングの効果を最大限にするためには二つの条件があるので、これを満たしていない場合はフロアコーティングではなく他の選択肢を探した方がいいです。
最も重要な条件はフロアコーティングとの相性です。
やわらかい材料は薬剤を吸収してしまう可能性があるので、期待しているような効果が得られないだけではなく、施工してもまったく効果が得られないこともあります。
もう1つの大事な条件は施工する部分が平らであることです。
でこぼこしている場所だと薬剤を綺麗に散布することができないので、なるべく平らにする努力が必要になります。
状況に応じて適した施工方法を選ぶことはできますが、この二つの条件を満たしていない場合は施工自体が難しくなります。

フロアコーティングは部分的な補修もできる?

フロアコーティングは、樹脂製のコーティング剤によってフローリングの上に塗膜を作り、床の耐久性を高める技術です。
キズや汚れに強くなるほか、日焼けを防ぐ効果もあります。
また、撥水性も高くなるため、料理などをこぼしても拭き掃除が楽になるといったメリットも得られます。
フロアコーティングは床全体を塗膜でカバーするため、全面にわたって施工するのが原則です。
しかし、いったん施工したコーティングが経年劣化などにより剥がれてしまった時は、部分的な補修を行うことが可能です。
床の一部だけを塗り直すのであれば、全体を塗り替えるよりも費用が少なくて済みます。
ただ、部分的な補修を行う際は注意すべき点が1つあります。
それは、直した部分だけが目立ってしまうことがあるということです。
一般に、コーティングは塗膜が厚くなればなるほど光沢感が増すので、他の部分との厚みが異なると日差しや照明が当たった時にその箇所だけ光り方が違って見えることがあります。
そのため、一部だけ施工をする時は事前に業者に相談し、アドバイスをもらうのがおすすめです。

樹脂タイプのフロアコーティングの耐久保護年数

フロアコーティングの種類には様々なタイプがありますが、特に高耐久なことから人気が高いのが樹脂タイプのフロアコーティングです。
特殊な樹脂を使用して紫外線で硬化させるといった方法で固くて薄いコーティング膜を形成できるために、施工性がよく仕上がりの美しさといった観点からも優れていることが特長です。
このタイプのフロアコーティングを希望している方が最も気になる点と言えるのが施工後の耐久保護年数ですが、保護膜が大変強固なものとなるために、適切な施工が行われているのであれば20年から30年程度は樹分な耐久性が発揮できるものと考えてよいでしょう。
日常生活の中で発生しやすい擦り傷を防ぐことができる他にも、耐薬品性も高いために洗剤での床面の掃除にも十分に対応できます。
樹脂タイプのフロアコーティングを施工することで、美しく輝く光沢の床面を実現することができ、住宅の資産価値も高めてくれることが期待できますので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

無機質ガラスのフロアコーティングは20年の耐久保護年数がある

コーティング剤で塗膜を作りフローリングを守るフロアコーティングですが、コーティング剤の種類によって耐久保護年数や特徴は変わり費用もそれぞれです。
フロアコーティング長い期間美しく保ちたいと考える人におすすめなのが、無機質ガラスコーティングです。
無機質ガラスコーティングは強度の高さが最大の特徴で、耐久保護年数は20年という長さが多くの人達から支持されています。
程よいツヤ感があり無機質の材料を使用している為、赤ちゃんやペットがいる家庭でも安心して使うことが出来ます。
ガラスの塗膜がある為、フローリングに傷が付きにくい特徴も持っていて人気です。
塗膜がとても薄い為、クッションフロアに施工することも出来ます。
傷が付きにくく劣化しにくいのが特徴ですが、日頃の掃除は漂白剤には弱い為油汚れが万が一フローリングに付いた場合にはアルカリ性洗剤を使用することをおすすめします。
フロアコーティングは塗布する際に、高い技術力を要しているので信頼出来る専門業者に依頼することが重要です。

高硬度シリコンはフロアコーティングの中でも最強の耐久保護年数

傷に強くてツヤも美しいと感じられるフローリングを作るために、フロアコーティングを利用するつもりなら、コーティング剤の耐久保護年数の違いなどを比べてください。
特に耐久保護年数が長いという点で注目されているのが高硬度シリコンで、光沢の美しさも長期的に保てます。
照明器具の明かりが反射することで室内全体が明るく感じられて、おしゃれな雰囲気の部屋に変化するところが魅力の一つです。
擦り傷やシミなどの汚れが付きにくいのがシリコンの特徴で、フローリングを水拭きするだけでも汚れが落とせます。
紫外線によるフローリングの日焼けを防止する効果もあり、頻繁にワックス掛けを行わなくてもツヤを保てるのも特徴です。
無機質のコーティング剤なので雑菌などがフローリングの上で繁殖するのも防げて、嫌な臭いがしない点でも評価されています。
20年から25年ほどと言われる耐久保護年数が注目されていて、耐熱性でも優れているのが高硬度シリコンを使ったフロアコーティングです。

フロアコーティングはワックスの艶出し機能に加えて保護機能が備わったもの

フロアコーティングを行うことで塗膜を作り、フローリングを汚れや傷から守ることが出来ます。
フローリングの美しさをキープする為には定期的なワックスがけが必要ですが、フロアコーティングを施すことでワックスの艶出し効果が高まり日頃のメンテナンスでワックスがけが不要となります。
耐久年数はフロアコーティングの方が断然長く、ワックスよりも10倍以上長持ちします。
塗膜がフローリングを守る為日頃の掃除も水拭き掃除で十分で、アルコール拭きも可能です。
また塗膜がフローリングを守る保護機能も備わっているので、椅子を移動したりフローリングに物を直接置いても傷がつきにくいです。
ワックスと似ている部分もありますが、艶出し効果や保護機能を持ちつつ、施工後時間が経過しても美しさが持続してお手入れがしやすいメリットがあります。

水性ウレタンのフロアコーティングはワックスとコーティングの中間的な存在

フロアコーティングは、色々な種類の樹脂をベースにしたコーティング材をフローリングなどに塗布して、床の耐久性を強めたり光沢を付加して美観性をアップさせることを目的に施工されるものです。
採用されている樹脂にはガラスやウレタン・シリコン・アクリルなどの種類がありますが、それぞれに特徴があります。
フロアコーティングではかねてより、価格がリーズナブルであること、伸びがよく作業性にすぐれ複雑な場所にも施工することが出来ることからウレタン樹脂が主流となってきました。
ウレタン樹脂にも油性と水性の種類があります。
油性は堅牢さでは優秀ですが、人体への健康上の悪影響が懸念されて最近では水性ウレタンの比率が上昇してきました。
ただし水性ウレタンは耐久性におとり、せいぜい数年程度とみられています。
フローリングのメンテナンスではワックスが毎年一回くらいのベースが必要なことを踏まえるとワックスよりは耐久性があるものの、フロアコーティングとしては物足りない部分があるといえます。

フロアコーティングの種類により施工に必要な時間も変わる

新築で家を建ててから床は毎日の暮らしの中で、汚れや傷が付きやすい箇所でもあります。
床やフローリングの美しさや清潔さを保つ為に、表面に保護膜を形成してあらゆるダメージから守るのがフロアコーティングです。
フロアコーティングと一括にしても様々な種類があり、特徴も施工に必要な時間も変わります。
主なコーティングの種類としてはUVコーティングとシリコンコーティングとガラスコーティングと、ウレタンコーティングとアクリルコーティングとダイアコーティングなどがあります。
耐久年数が長く光沢感があるUVコーティングや手入れが簡単で自然に美しい床に仕上げるシリコンコーティングや、低コストで耐久性が高いウレタンコーティングや変色しにくいガラスコーティングなどが人気があります。
UVコーティングは乾燥までの時間が短く、塗布してすぐに乾くのが特徴です。
反対にガラスコーティングは乾燥までに、2日程度かかります。
フロアコーティングは選ぶ商品によって、施工に必要な時間が変わるので自分の希望に合ったものを事前に調べてから決めることが大切です。

フロアコーティングを施すと水拭き掃除が可能になる

フロアコーティングはフローリングを汚れや傷から守る為に行うコーティングで、様々な種類があり特徴もそれぞれです。
フローリング専用の塗料を塗布して塗膜を作ることで、あらゆるダメージから守ることが出来ます。
家の中でフローリングは毎日家族が皆歩く所なので、汚れや傷が付きやすい場所でフローリングに使用されているのは自然にある木なので経年劣化も進みやすいです。
フロアコーティングを施しておくことで塗膜が出来て、掃除が楽になるメリットもあります。
水拭き掃除もアルコール拭きもやりやすくなり、塗膜があるおかげでワックスがけも必要なくなるのでフローリングの保護だけではなく日頃の手入れが楽になるという観点からフロアコーティングをやる人もいます。
フロアコーティングには種類があり、それぞれ耐用年数や特徴も変わります。
予算や種類ごとの特徴をよく理解して、自分の家のフローリングに合ったコーティングの依頼をすることをおすすめします。

キッチンやトイレなど水回りにも利用できるフロアコーティングもある

マイホームで日常生活を送る上では各種の水回り設備を利用することは必要不可欠です。
食事のときにはキッチン、用便をすませるにはトイレ、一日のしめくくりとなるバスルーム、どれ一つなくなっても非常に困ることになってしまいます。
存在価値が高い割には日々大量の水を使用するので、不具合が起きるリスクが高いのも事実です。
水が飛散すれば、シミや劣化などを招きます。
このような状況をケアするには、フロアコーティングで対応するという選択肢があります。
フロアコーティングとは、ガラスやシリコン・ウレタン樹脂などをベースにしたコーティング材を塗布して施工箇所の耐久性をアップさせたり美観性を上昇させるものです。
コーティング材のなかにはアクリルや水性ウレタンなど水分に脆弱なタイプも存在していますが、水分に強い溶剤を意識すればリスクは軽減できます、トイレやキッチンなどの水回りでもガラスや油性ウレタン・シリコンなどを選択すればフロアコーティングも可能です。

フロアコーティングの施工費用は業者により様々

フロアコーティングの施工費用は種類によっても違いますし、同じ種類のコーディングであっても業者によっては価格・耐用年数にかなりの違いがあります。
業者ごとの価格表を比較しても、その他の条件で最終的にかかる金額に差異が生じます。
施工面積の増減により割引率が変わったりしますので、価格表も当てにはならないと言わざるをえません。
キャッシュバックキャンペーンや早期割引、オプションサービスを一緒に申し込むことで割引を設けている会社もあったり、新築の場合は施工時に申し込むと割引率が大きいケースもあります。
床の状態で金額が変わる場合もありますので、フロアコーティングを検討する場合は価格表を当てにせずに、フロアコーティングを実施するご自宅がどのような条件か詳細に提示したうえで、いくつかの業者に見積りを提示してもらうことをおすすめします。
ただ、安いだけの条件で決めてしまうと、技術が伴わず結果的に耐用年数が低かったり、やり直しする羽目になるなど、かえって高くついてしまうこともあります。
住宅の床は何十年も利用する大事な場所ですから、依頼する業者は慎重に選びましょう。

入居前に知っておきたいフロアコーティングの基礎知識

新しい生活のスタートを控えた入居前、住まいの床の美観と耐久性を守るためにフロアコーティングは有効な選択です。
フロアコーティングは、床に特殊な樹脂を塗布し保護膜を形成することによって、傷や汚れを防ぎ、お手入れを容易にします。
また、光沢のある仕上がりが美しい空間を作り出す一助となり、日頃の掃除がより一層楽になるでしょう。
入居前にフロアコーティングを施すメリットは多く、家具や家電がない空の状態で作業を行うことができるため、作業効率が良く、仕上がりも綺麗になります。
空間全体を均一にコーティングできるため、将来的に家具を移動した際にも床の差異がなく、見た目の美しさを保てるのが特徴です。
しかしフロアコーティングにはいくつかの種類があり、使用する樹脂の種類によって耐久性やコストが異なるため、自分の生活スタイルや予算に応じたコーティングを選ぶことが大切です。
例えば、小さな子供やペットがいるご家庭では、傷に強いウレタンコーティングが適しています。
また、賃貸物件にお住まいの方であれば、退去時に原状回復の負担を考え、剥がすことができるタイプを選ぶと良いでしょう。
フロアコーティングを行う際には、専門の業者に依頼することがほとんどですが、中には自分で施工するDIYキットも市販されています。
それぞれにメリットとデメリットがあるため、綿密な下調べが求められます。
専門業者に依頼した場合は、施工保証がつくことが多く、安心して任せられますが、費用は高めです。
一方、自分で行う場合は費用を抑えられますが、失敗した際のリスクを考える必要があります。
以上の点を踏まえ、快適な新生活に向けてフロアコーティングの検討を進めてみてはいかがでしょうか。
床一面が美しく保護されていることで、心地よく生活するための大切な一歩となるでしょう。

リフォーム時に知っておきたいフロアコーティングのメリットと選び方

自宅のリフォームを検討する際、フロアコーティングの導入は魅力的な選択肢です。
フロアコーティングとは、床の表面に特殊な樹脂を塗布して保護する工法のことで、傷や汚れに強くすることが主な目的です。
フロアコーティングには、耐久性や美観の維持に加え、お手入れがしやすくなるなどのメリットがあります。
特に小さなお子様やペットがいる家庭では、日々の激しい生活に耐えられるフロア環境を整えることができます。
フロアコーティングを選ぶ際には、使用される樹脂の種類に注目しましょう。
主流のものにはウレタン、エポキシ、シリコンなどがあり、それぞれに耐久性や見た目、価格に差があります。
また、施工後の仕上がりに対する保証の有無や、メンテナンスの容易さも比較ポイントです。
長期にわたって美しい床を保ちたい場合には、耐久性の高い材質や信頼できる施工業者を選ぶことが肝心です。
さらに、アレルギーのある家族がいる場合には、フロアコーティング材が環境に優しい成分であることを確認することも大切です。
リフォームの際にフロアコーティングを検討して、自宅をより快適で使いやすい空間にするための知識を深めていきましょう。

子どもと快適な暮らしを支えるフロアコーティングの知識

子どもを持つ親にとって、安全で快適な家庭環境を整えることは大切です。
特に床の清潔さは、子どもが多くの時間を過ごす場所であり、小さな子どもがいる家庭では衛生的な床面が求められます。
そこで注目されるのがフロアコーティングです。
フロアコーティングは、床に特殊な加工を施すことで、汚れにくく傷つきにくい暮らしを実現する方法です。
小さなお子さんが飲み物をこぼしても、サッと一拭きできれいになるため、日々の掃除の手間が減ります。
さらにフロアコーティングは、床材の寿命を延ばす効果もあります。
これにより、家族の節約にもつながるでしょう。
また、滑りにくい素材を選ぶことで子どもの転倒事故のリスクを減らすなど、安全面でのメリットも大きいです。
ただし、フロアコーティングには様々な種類があり、家庭の状況や予算に合った選択が必要です。
コーティングに使われる材料によって仕上がりやコストに差が出るため、事前に専門の業者に相談することをおすすめします。
快適な住空間を守るために、フロアコーティングを検討してみてはいかがでしょうか。

フロアコーティングの基準に関するお役立ち情報

新居を構えた際やリフォームする機会に、フロアコーティングを考える方が増えています。
このコーティングは、床の美観を保ちながら生活における様々なダメージから守る働きを持っています。
しかし、実際にフロアコーティングを施す前には、どのような基準を持って選ぶべきか迷うことも多いかと思います。
まず重要となるのは、フロアコーティングの耐久性です。
一般的に、耐摩耗性や耐薬品性に優れていれば、床の長持ちに繋がります。
次に、コーティング剤の安全性が挙げられます。
子どもやペットがいる家庭では、特に無害であることや環境への影響を考える必要があります。
また、施工後の見た目、つまり光沢の有無や色味も選定の基準となるでしょう。
ツヤのあるタイプは美しさを際立たせ、マットなタイプは落ち着いた印象を与えます。
フロアコーティングの施工業者を選ぶ際には、その技術力や施工実績も確認が必要です。
信頼できる業者を見極めるためには、口コミや施工事例を調べ、事前相談を行うことが大切です。
さらに、コーティング後のメンテナンス方法や、万が一の際の保証内容も基準に含めて検討することが重要です。
フロアコーティングは、長期にわたり快適な居住空間を保つための投資とも言えます。
コーティングを施すことで床を守り、美しい状態を維持していくことができます。
正確な基準を持って適切な選択を行うことが、満足いくフロアコーティングを実現する鍵となるでしょう。

新築の家を美しく守るフロアコーティングの基礎知識

新築の家を美しく守るためには、フロアコーティングが欠かせないポイントです。
フロアコーティングは、新築の床材を守るだけでなく、美観を維持するためにも重要な役割を果たします。
では、このコーティングとはどのようなものなのか、その基本を把握しましょう。
フロアコーティングには、主にウレタン系とシリコン系、そしてガラスコーティングといった種類があります。
それぞれ耐久性や質感、またコストにおいて特徴が異なりますので、新築の住宅に最適なものを選ぶことが大切です。
コーティングを施すことで、日々の生活で避けられない水や汚れから床を守り、清潔な状態を長期間保つことができます。
また、フロアコーティングはメンテナンスの手間を減らすというメリットも持っています。
傷がつきにくく、汚れが落ちやすいため、掃除がしやすくなり、日頃のお手入れが楽になるのです。
さらには、アレルギー物質やダニの抑制にも効果があるとされており、健康面でのプラス面も見逃せません。
新築の家で快適な生活を送るためには、フロアコーティングを検討することをお勧めします。
適切なコーティングを選び施工することで、美しい床を長く保ち、家族の健康を守ることにも貢献するのです。
フロアコーティングの選択肢や、その施工方法、維持のポイントまで、注意深く考え、快適な新居作りに役立ててください。

フロアコーティングに関する情報サイト
フロアコーティングのポイント

このサイトでは初めてフロアコーティングを依頼しようかと検討している方にむけて、実際に施工を依頼するときにやくにたつ知識を多彩なコンテンツで御紹介しています。
どのような方法を選択できるわけではなく、実はフローリングの種類で施工法は限定される側面があります。
お住まいのフローリングの種類を確認するのは鉄則です。
この施工をすると床鳴りが発生するのでは、と心配な方の疑問を解消できるよう豆知識でも触れています。

Search

更新情報